Company News

HDPEガス管耐食持続強度

2018-11-15

HDPEのガス管国際的には、ポリエチレンの管材料はPE32、PE40、PE63、PE80、PE100の5つの等級に分けられ、ガス管および水道管材料のために主にPE80およびPE100です。中国のポリエチレン管材料は段階的ではない、それは国内のポリエチレンガス管と水道管製造業者が原料を選択することをより困難にするだけでなく、ポリエチレン管の使用にも小さな隠れた危険をもたらさなかった。

したがって、新しい規格GB / T13663-2000の国家規格局は、さまざまなレベルのPE80とPE100の給水管の規定をさまざまな圧力強度に対応させて修正し、古い標準引張強度特性を削除しましたそして破壊伸び(350%以上)を増加させ、それは基本的な靭性を強調する。

Gas with pe pipe is the traditional steel pipe, poly chlorine text ethylene gas replacement products. Gas pipe must withstand a certain pressure, usually to use a large molecular weight, better mechanical properties of PE resin, such as HDPE resin. LDPE resin has low tensile strength, poor pressure resistance, poor rigidity, poor dimensional stability during molding, and difficulty in connection, and is not suitable as a material for water supply pressure pipes. But because of its high health indicators, LDPE, especially LLDPE resin has become a common material of the gas pipe. LDPE, LLDPE resin melt viscosity is small, good mobility, easy processing, and thus its melt index selection range is also wide, usually MI between 0.3-3g / 10min.

HDPEガスパイプパイプラインの適用プロセスは、HDPEガスパイプラインは重要な要素の要求される長期寿命を達成することができます品質の敷設です。 PEパイプには、パイプラインの敷設をより安全で迅速にするためのさまざまな独自の特性があります。正しい構造設計と設置手順により、パイプラインのこれらの利点がより効果的になります。

First, the performance characteristics of HDPE Gas Pipe

1、耐食性

2, lasting strength

3, a higher safety factor

4, excellent coiling

5, good anti-scratch ability

抵抗を渡すために急速なひび割れへの6、良い抵抗

7、高度なヒューズ継手構造

8、長寿命、50年まで。

第二に、HDPEガスパイプ技術指標:

1, elongation at break%> 350

2、熱安定性(200℃)、20分

3, vertical size retraction rate% (110 ℃) <3

4, hydrostatic strength:

(1)20×リング応力9.0MPa、靭性破壊時間100h

(2)80×リング応力4.6MPa、靭性破壊時間165時間

(3) 80 ℃, ring stress 4.0Mpa, toughness destruction time> 1000h

Third, HDPE Gas Pipe connection steps:

1. Clamp and clean the port

2. Adjust and sharpen the port

3. Port is straight

4. Pressure welding

5. Pressure relief cooling

第四に、HDPEガスパイプ接続ポイント

パイプ、パイプ継手ガス埋込みポリエチレンPEパイプ、ホットメルトソケット接続の使用よりD90 mm下のパイプ、ホットメルトドッキング方法の使用より上D90 mmのパイプラインシステムの正しい取り付けを確実にするためのホットメルト取り付け安全性と工学的品質、私達はそれが私達の会社によって提供される多角度の溶接機そしてホットメルトドッキング機械を使用することを推薦します。溶接手順は次のとおりです。

1、ドッキング面が滑らかで、きれいで垂直になるように、フィクスチャ・パイプの使用サイズ、フライス削り面を有する面に従って、ドッキング・マシンに固定されたパイプ、パイプ継手を溶接する必要があります。

2、溶接されるパイプ、パイプ継手が正確に同じ面を向くように、そして加熱プレートに接続されるように、パイプ、パイプの高さを調整します。

3、定格温度まで加熱板に加熱されるために、加熱時間に達するために、加熱の終わりを作るために、管、管継手を別々に溶接する必要があるでしょう、そしてそれから、冷却されるドッキングの2つの加熱端、ユニフォームフランジ。ホットメルトドッキングの技術的要件は一致しています。