Company News

突合せ溶接機は定期的に検査作業を行います

2018-11-15

Butt Welding Machine The equipment needed for welding process----welding equipment, including welding machine, welding process equipment and welding aids.

Every enterprise or individual engaged in welding work wants to give full play to the performance of the equipment and prolong the service life of the machine. To achieve this goal, in addition to the correct use of welding equipment according to operating procedures, but also regular maintenance and maintenance work. The following on the torch, wire feeding device and welding machine maintenance points are explained.

I. Maintenance Butt Welding Machine 

1. Conduct regular inspection and replacement of conductive nozzle.

磨耗した導電性ノズルの直径が大きくなると、アークが不安定になり、溶接外観が悪化するか、または粘着性のあるワイヤが折り返され、導電性ノズルの端部がスプラッシュに接着され、ワイヤフィードが滑らかにならない。ノズルがきつくねじ込まれると、ねじ接続部が加熱されて死んでしまいます。

2.スプリングホースは定期的に清掃して交換します。

スプリングホースは使用後長時間、鉄粉、ホコリ、メッキなどのワイヤーを大量に蓄積するため、ワイヤーの送りが不安定になります。だから、定期的に片付け、それを丸めてタップし、振り落とし、そして圧縮空気で吹き飛ばすことが重要です。ホースのグリースは、ブラシでオイルを洗い流した後、圧縮空気を吹き付けます。スプリングホース誤ったワイヤーや重大な変形による曲がりがある場合は、新しいホースを交換する必要があります。チューブは使用されるワイヤの直径と長さに適していることを確認する必要があり、カットオフ面にバリが見えないようにしてください。

3.絶縁リングを確認してください。

If the insulation ring is removed, the splash will be glued to the nozzle to guide the nozzle with the electrically charged part. The torch may be burnt by short circuit. At the same time, in order to protect the gas flow evenly, must be fitted with insulation rings.

II。ワイヤ送給装置のメンテナンス

1.圧力調整を追加する

The wire feeding roller pressure should be adjusted according to the diameter of the wire. If the pressure is not enough, the wire will slip, the pressure is too large, welding wire will be carved, deformed. If the use of cored wire, wire feeding wheel to add pressure than the solid wire smaller.

2. Adjustment of wire straightening device

溶接ワイヤ矯正装置の調整方法は機械の種類によって異なりますので、製造業者のマークに従って溶接ワイヤ直径の適切な位置に調整する必要があります。

3.溶接ワイヤプレートの取り付け

設置場所が正しくないと、ワイヤープレートが回転して転倒する恐れがあり、重大な結果を招きます。ブレーキブロックまたはラッチが確実に取り付けられているか確認してください。

4.ワイヤー送りホイールと使用されるワイヤーの直径

It must be fitted with a wire feed wheel suitable for the diameter of the wire, and check whether the number engraved on the roller is consistent with the diameter of the wire.

5. The abrasion and fouling of the wire feeding roller groove

Check the wire roller groove whether wear, groove surface is carved, whether the groove adhesion dust, iron powder, wire plating, etc. Wipe with cotton cloth and so on when cleaning.

6.ガイドシルク口検査

ガイドシルクマウスの磨耗の前後またはワイヤ送りホイールが水平ではない場合にワイヤ送りホイールに取り付けられると、それはワイヤの曲がり、ワイヤ送りの不安定性を招くので、定期的に検査し修理しなければならない。

第三に、溶接機のメンテナンス

まず第一に、溶接機の内部または外部コネクタ端子検査の実装では、それが実装されることができる前に電源スイッチが閉じられなければならないことに注意する必要があります。

1.定期点検をしてください。例えば、溶接機の電源、冷却ファンの回転が円滑であること、異常な振動、音や臭いがすること、ガス漏れ、溶接されたワイヤ接合部および包帯の絶縁が緩んでいるか剥がれているか、溶接ケーブルおよび配線部品をチェックする。異常な加熱現象です。

2.溶接機は空冷を余儀なくされるため、周囲からほこりを吸い込み、機械内に堆積するのは簡単です。そのため、定期的に清浄で乾燥した圧縮空気を使用して、溶接機内からほこりを吹き飛ばすことができます。特に、ギャップと電力半導体部品との間の変圧器、リアクタンスコイルおよびコイルコイルは、特別に洗浄されるべきである。

3. Check the wiring parts of power wiring regularly. The force side, the output side of the terminal, as well as the wiring of the external wiring parts, wiring parts of the line and other locations of the wiring screws are loose, rust to remove the rust to make contact with good conductivity.

4. Long-term use of welding machine will inevitably make the shell due to touch and deformation, rust and damage, internal parts will also be killed, so in the annual maintenance and inspection to carry out the replacement of defective parts and shell repair and insulation deterioration parts of the reinforcement and other comprehensive repair work. The replacement of defective parts in the maintenance of the best can be all a times the replacement of new products to ensure the performance of the welder.

The above-mentioned regular maintenance and inspection can reduce the occurrence of welding failure, although it takes some time and energy, but can prolong the life of welder, and can improve the efficiency of operation, ensure the performance of welder and improve safety. is the welding work must not neglect an important content.

IV。自動溶接装置のための3つの重要なポイント

1、柔軟で多様なはんだ付け方法、同時にスポット溶接とドラッグ溶接(プル溶接)、自動はんだ付け装置をサポートするために様々な困難なはんだ付け操作とマイクロはんだ付けプロセスに適応するために顧客自身ですべてのパラメータを設定できます。 、はんだ付け作業の柔軟性を達成するために、全てのはんだ付けパラメータは、読み取られて保存される溶接点座標プログラムを伴うことができる。

2, soldering iron components can be arbitrary angle, arbitrary azimuth adjustment, control of the Iron group of the R-axis, can be 360 degrees of free rotation, according to different pads and components arbitrarily set the number of tin, preheating time and solder time, to achieve a variety of solder joints of the complex welding process, to achieve a variety of solder operations.