Company News

突合せ溶接機は一定の強度と可塑性を有する

2018-11-15

突合せ溶接機の主要部分はステップダウン変圧器です、二次コイルは工作物と電極の両端に溶接されています。ワークピース溶接変圧器磁心はそれ自身の特性を有するので、それは電圧の特性において急激に降下する、すなわち電極点火電圧降下の後である。電極内の結合が短くなると、電圧は急激に低下します。次に突合せ溶接機の原理と溶接機の利点を紹介します。

突合せ溶接の原理

The use of the welding machine is actually when the workpiece contacts the resistance will produce heat, so as to achieve the purpose of heating the workpiece, making the metal surface melting, and welds in the workpiece counterparts solid phase metal plastic degeneration under the conditions of the formation of a common Grain, weld organization, the composition close to the base metal, so it is easier to get strong and other plastic welded joints. In the flash process, with the discharge of air, reduce the metal oxidation of the self-protection function, making the weld inclusions, not penetration and other defects less.

突合せ溶接機の利点

1つは、溶接の効率が高いです。工作物は倍力シリンダーで押されるので、反作用の速度は油圧シリンダーよりかなり速かった。

2, automatic centering function to ensure that both ends of the pipe before the end of the two ends of the same and the same, so as to ensure the same amount of burning at both ends.

The quality requirements of the butt joint are reflected in the joint should have a certain strength and plasticity, especially for the latter should give more attention. In general, due to the characteristics of the process itself, the resistance of the butt joint quality is poor, can not be directly used for important structure. The flash butt welding, in the appropriate process conditions, you can get almost the same quality properties such as base metal joints. And when the fixture is designed correctly, the accuracy of the formation of the welded parts can be within the range specified by the MIL-W-6873 standard.

突合せ溶接機の主要部分はステップダウン変圧器です、二次コイルは工作物と電極の両端に溶接されています。ワークピース溶接変圧器磁心はそれ自身の特性を有するので、それは電圧の特性において急激に降下する、すなわち電極点火電圧降下の後である。電極内の結合が短くなると、電圧は急激に低下します。突合せ溶接機の原理と溶接機の利点を紹介します。

突合せ溶接の原理

The use of the welding machine is actually when the workpiece contacts the resistance will produce heat, so as to achieve the purpose of heating the workpiece, making the metal surface melting, and welds in the workpiece counterparts solid phase metal plastic degeneration under the conditions of the formation of a common Grain, weld organization, the composition close to the base metal, so it is easier to get strong and other plastic welded joints. In the flash process, with the discharge of air, reduce the metal oxidation of the self-protection function, making the weld inclusions, not penetration and other defects less.

突合せ溶接機の利点

1つは、溶接の効率が高いです。工作物は倍力シリンダーで押されるので、反作用の速度は油圧シリンダーよりかなり速かった。

2, automatic centering function to ensure that both ends of the pipe before the end of the two ends of the same and the same, so as to ensure the same amount of burning at both ends.

3、簡単な運用と保守サービス。油圧ステーションがないので、デバッグポイントの製品は、故障のポイントが少なくなることは、オイルや他の現象はありません。

4、グリッドの要件は低いです。 250KVAグリッドしか満たすことができません。

5、溶接精度が高い。フラッシュプロセスを制御するためにプログラマブルコントローラPLCとインポートステップを使用して、正確に燃焼量と燃焼速度を設定することができます。溶接電流を制御するためにマイクロコンピュータソルダマスク制御装置を通して。溶接片の後続のグループを容易にするために、±0.2 mmで制御します。

6、省エネ。ラジエーターフラッシュ溶接機は、電力、空気圧、動揺、油圧ステーションなしの2つの125KVA抵抗溶接トランスで使用されています。他の2つの315KVA単相AC溶接トランスと2つの電力18KVA油圧ステーション突合せ溶接機の他の用途と比較して、UN-250AB突合せ溶接機は78%まで節約できます