Company News

HDPE Pipe Good Elasticity, High Impact Resistance, Non-toxic

2018-11-15

HDPE tube

The reason is that the melt flow in the cylinder, the flow between the cylinder wall and the inner wall of the difference, when leaving the die, the whole melt and no resistance, the gap between the two becomes zero. It is the relative movement of the layers of the change, causing the mold at the melt flow of intense oscillation, leading to the occurrence of such phenomena!

溶液:

1、補助剤を追加する:有機シリコーン添加剤(シリコーンプラスチック添加剤)またはFu Fuポリマー添加剤(PPA)のように。

2, the appropriate increase in temperature can also improve the melt flow!

HDPEパイプを絞る、そして時々温度のせいで、そして時々原料の問題の種類と多かれ少なかれのパターンのための、しかし時々それは温度を上げることである、またはプラモデルを変更するかどれだけ。エアリングオーバーヘッドのメンブレンヘッド、またはその高度でテストされています。

3、適切な材料を決定するために最初に残りの保証付きHDPEパイプを選択します。以前は、給水に使用されるパイプは主に鋳鉄製パイプでした。メインの砂鋳鉄パイプの外側には、冷たい(電気)亜鉛メッキと熱い亜鉛メッキの2つに分けることができる亜鉛メッキ鋳鉄パイプの屋内使用。水道管としての亜鉛メッキ鋼管、数年後の使用、管は汚染衛生陶器だけでなく黄色の水の流出だけでなく、滑らかでない壁繁殖バクテリアと混合して、高レベルの錆を発生させます。水中の重金属、人体への重大な危害もっと重要なのは、そのような優れたHDPEパイプの性能、価格は高価ではありません。

Drainage HDPE pipe is the traditional PVC, pig iron pipe drinking water pipe replacement products. Drainage pipe must be able to prohibit the inevitable pressure, usually choose the machine function is better, large molecular weight PE resin, such as HDPE resin, and LDPE resin pressure, tensile strength is low, poor steel, forming the proportion of poor stability when polished , And the connection problem, not suitable as a drainage pressure pipe material.

高温機能から、主に主要道路の排水管のために、主に冷水の一般的な使用の間にすぐに±60°の温度の使用を減らすために、その機能の温度上昇を伴うPEパイプ、家の後排水管選択のうち、PPR管を選びます。

PE pipe light weight, good elasticity, high impact resistance, non-toxic, cheaper unit price, low temperature performance is better, is now municipal construction, real estate, factories, water conservancy construction and other water supply and drainage pipeline must.

HDPEはエチレンの共重合によって製造された熱可塑性ポリオレフィンである。 HDPEは1956年に導入されましたが、このプラスチックはまだ成熟レベルに達していません。この共通の素材はまた、常にその新しい用途と市場を開発しています。熱可塑性樹脂元のHDPEの外観は乳白色であり、わずかな断面ではある程度の半透明であった。 PEは、生命および工業用化学薬品のほとんどの特性に対して優れた耐性を示します。腐食性酸化剤(濃硝酸)、芳香族炭化水素(キシレン)、ハロゲン化炭化水素(四塩化炭素)などの化学薬品では化学腐食を起こすことがあります。ポリマーは吸湿性ではなく、優れた耐性を持っています

PE can be manufactured with a wide range of different processing methods. Including extrusion such as sheet extrusion, film extrusion, pipe or profile extrusion, blow molding, injection molding and rotomoulding.

HDPEの管は従来の鋼管、ポリ塩化ビニールの飲料水の管の取り替えプロダクトです。

HDPEパイプの粗さ係数は0.009〜0.01であり、これは鉄筋コンクリートパイプの粗さ係数(0.013〜0.014)よりはるかに小さい。同じ直径の鉄筋コンクリート管と比較して、交通量が多くなることがわかります。 HDPEオフを適用することによる自治体排水事業では、排出量を効果的に増加させることができ、それによって下水ポンプ場の建設を削減し、都市下水処理のコストを削減します。

HDPEパイプはフレキシブルパイプであり、そのインターフェースは通常フレキシブル接続で使用され、それは良好なシール性能を有し、そしてパイプライン基礎不均一沈下に適応する強い能力を有し、漏れ防止は非常に強い。伝統的な都市排水工事で使用されている清潔なコンクリート管と比較して、HDPE管は材料と基礎に柔軟性があり、そしてそれはその良好な密閉性と良好な漏れ防止のために効果的な地下汚染を防止できます。


HDPE pipe and the traditional reinforced concrete pipe is different from the use of high-density polyethylene inert materials, so a variety of chemical have a strong corrosion resistance, so in high acid, high alkali or sewage discharge has a good effect The In the underground use, HDPE pipe can be used for more than 50 years, while the reinforced concrete pipe is susceptible to corrosion in the soil, usually in the service life of about 20 years. It can be seen, compared with the traditional reinforced concrete pipe, HDPE has a longer or useful life.