Company News

HDPE Pipe Has Obvious Advantages

2018-11-15

HDPEパイプは優れた化学的安定性、老化防止、耐環境応力亀裂性能を備えています。それから製造されたHDPE二重壁ベローズは可撓性チューブである。

Strong ability to resist foreign pressure

外壁は環状の波形構造であり、それはパイプのリング剛性を大幅に増加させ、それにより土壌荷重に対するパイプの抵抗を高める。この性能では、HDPEパイプは他のパイプと比較して明らかな利点があります。

低いプロジェクト費用

Under the same load conditions, HDPE double-wall corrugated pipe only need a thin wall can meet the requirements

したがって、堅い壁の管の同じ材料仕様と比較して、原料の約半分を節約することができるので、HDPEパイプもパイプのもう一つの顕著な特徴である低コストです。

建設のしやすさ

HDPE二重壁コルゲートチューブ軽量、取扱いおよび接続が非常に便利であるので、厳しいスケジュールと貧弱な建設条件での速くて簡単なメンテナンス作業の建設、そのより明白なの利点。

long lasting

日光の紫外線条件がない場合、HDPE Pipeの寿命は最大50年です。

高密度ポリエチレン、「高密度ポリエチレン」の英語名、「HDPE」と呼ばれる。 HDPEは高度の結晶化度、非極性熱可塑性樹脂である。元のHDPEの外観は乳白色であり、わずかな断面ではある程度の半透明であった。 PEは、生命および工業用化学薬品のほとんどの特性に対して優れた耐性を示します。腐食性酸化剤(濃硝酸)、芳香族炭化水素(キシレン)、ハロゲン化炭化水素(四塩化炭素)などの化学薬品では化学腐食を起こすことがあります。このポリマーは非吸湿性であり、そして良好な水蒸気耐性を有しそして包装用途に使用することができる。 HDPEは良好な電気的性質、特に絶縁耐電圧を有し、それをワイヤおよびケーブルに非常に適したものにする。中〜高分子量グレードは耐衝撃性に優れており、室温でも-40F低温でもそうです。

HDPE is a thermoplastic polyolefin produced by copolymerization of ethylene. Although HDPE was introduced in 1956, but this plastic has not yet reached a mature level. This common material is also constantly developing its new uses and markets. The thermoplastic resin. The appearance of the original HDPE was milky white, in a slight cross-section was a certain degree of translucent. PE has excellent resistance to most of the characteristics of life and industrial chemicals. Certain types of chemicals can produce chemical corrosion,HDPE Pipe such as corrosive oxidants (concentrated nitric acid), aromatic hydrocarbons (xylene) and halogenated hydrocarbons (carbon tetrachloride). The polymer is not hygroscopic and has good water vapor resistance

PE can be manufactured with a wide range of different processing methods. Including extrusion such as sheet extrusion, film extrusion, pipe or profile extrusion, blow molding, injection molding and rotomoulding.

HDPEの管は従来の鋼管、ポリ塩化ビニールの飲料水の管の取り替えプロダクトです。

HDPEパイプは、通常はHDPE樹脂などのより優れたPE樹脂の高分子量の機械的特性を使用するために、一定の圧力をかけなければなりません。 LDPE樹脂は、引張強度が低く、耐圧性が低く、剛性が低く、成形時の寸法安定性が悪く、また接続が困難であるため、給水用圧力管の材料としては適さない。しかしながら、そのより高い健康指標のために、LDPE、特にLLDPE樹脂は飲料水パイプの製造のための一般的な材料になった。 LDPE、LLDPE樹脂の溶融粘度は小さく、流動性がよく、加工が容易であり、したがってそのメルトインデックスの選択範囲も広く、通常MIは0.3〜3g / 10分である。