Company News

PPRパイプの安全な使用を保証できる

2018-11-15

建築材料市場の繁栄を促進するための家の装飾の人気は、PPRパイプラインは水で使用されるすべての家の装飾材料で使用され、そして今建築材料市場は、PPRパイプラインの種類、百万、非常に競争力のある。市場での品質への影響が少ないことに対するPPRパイプラインがいくつかありますが、見た目は、消費者は表面と区別できません。

Poor quality PPR Pipesline life is short, can only use 1 to 2 years, consumers once selected a poor quality PPR Pipesline, in the short term use, it will leak, burst pipe and other accidents, just renovated new home may be destroyed In the once.

Authentic PPR Pipes under normal conditions, the service life of up to 50 years, PPR Pipesline non-high-tech products, determine the quality of PP-R key in the raw materials

適切な価格で適切なパイプを選択する方法は、彼らにとって非常に重要なことです。次のレシピは、PPRチューブが良いか悪いかを識別する方法をあなたに教えます:

テクスチャが繊細かどうか、パーティクルが均一かどうか。 PPRチューブは現在、主に白とグレーグリーンのいくつかの色で、通常の状況下では、再生プラスチックは白を行うことはできませんので、多くの人々は白が最良であると考えがちです。改善する技術的な更新により、色はPPRパイプを識別するのに適した標準ではありません。チューブが良いか悪いか、それは問題を解決することができない、手触り、粗い粒子は他の不純物と混合されるかもしれない。

においの有無にかかわらず。 PPRパイプはポリプロピレンの主材料であり、臭いのない良好なパイプ、変な味があり、ポリプロピレンではなくポリエチレンと混合される可能性があります。

かなりの硬度を持つPPRチューブは、さりげなくPPRチューブではなく、チューブの変形に固定することができます。

Good PPR tube, "resilient" good, too easy to smash naturally not a good PPR tube. But the hardness is not equal to the elasticity of good, on how to smash the broken PPR tube, we will have to doubt. Because some illegal manufacturers by adding too much calcium carbonate and other impurities to improve the hardness of the pipe, so that the tube with a long time prone to brittle fracture.

Ignite a burning, very intuitive and very useful. Raw materials mixed with recycled plastic and other impurities in the PPR tube will be black smoke, pungent smell; good material not only will not smoke after burning, no smell, after burning, the molten liquid is still very clean.

For the installation of PPR Pipess, we can not be so professional, but understand the most basic welding steps can help us better check whether the installation of water pipes in line with the norms, so that the safe use of water pipes can be guaranteed.

1、パイプとジョイントの表面がきれいで、滑らかで、オイルがないことを確認します。

2, need to mark in the pipeline to try to insert. (Equal to the fitting depth of the joint).

3, the entire embedded to carry out the depth of heating, including pipes and joints, are carried out in the welding tool.

4, to complete the heating time,PPR Pipes the pipeline smoothly and evenly pushed into the joints, so that their combination of solid and perfect.

5, in the pipe joints after welding within a few seconds, you can adjust the connector position.

図6に示すように、短時間で、コネクターは負荷とある場合もあります。

7, with a self-adjusting hot-melt welding machine to pipe and pipe welded together, the temperature is 260 ° C.

図8に示すように、マシンは電源(220V)に接続され、溶接温度に達している緑色の光の点滅が動作し始めたとき、しばらく待ちます。

9、材料が軽くて柔軟であるため、すべての溶接がテーブル上で実行でき、この利点は工数を節約できます。

10、時にはいくつかの接続を行うために壁に、私たちは操作空間内の共同場所に注意を払う必要があります、あなたは操作することができます。周囲温度が5°C未満の場合、加熱時間は50%長くなります。