Company News

HDPEパイプ性能に対する優れた耐性

2018-11-15

高密度ポリエチレン、英語の名称は「高密度ポリエチレン」であり、「HDPE」と呼ばれる。 HDPEは、高い結晶性と非極性を持つ一種の熱可塑性樹脂です。元のHDPEの外観は乳白色で、弱い部分ではある程度の半透明です。 PEは、生活用および工業用化学薬品のほとんどの特性に対して優れた耐性を示します。腐食性酸化剤(濃硝酸)、芳香族炭化水素(キシレン)、ハロゲン化炭化水素(四塩化炭素)などの化学薬品、HDPEパイプは化学的腐食を起こすことがあります。このポリマーは吸湿性ではなく、そして良好な水蒸気耐性を有しそして包装目的に使用することができる。 HDPEは優れた電気的特性、特に高絶縁耐力のHDPEパイプを持っているので、ワイヤーやケーブルに適しています。中〜高分子量グレードは、-40fの低温でも室温で優れた耐衝撃性を示します。

HDPEはエチレン共重合によって製造された熱可塑性ポリオレフィンである。 HDPEは1956年に導入されましたが、プラスチックはその成熟度には達していません。このジェネリック材料も絶えずその新しい用途と市場を開発しています。熱可塑性樹脂元のHDPEの外観は乳白色で、弱い部分ではある程度の半透明です。 PEは、生活用および工業用化学薬品のほとんどの特性に対して優れた耐性を示します。腐食性酸化剤(濃硝酸)、芳香族炭化水素(キシレン)、ハロゲン化炭化水素(四塩化炭素)などの化学薬品、HDPEパイプは化学的腐食を起こすことがあります。ポリマーは吸湿性ではなく、そして良好な水蒸気耐性を有する。

PE can be made with a wide variety of processing methods. Includes such as sheet extrusion, film extrusion, pipe or profile extrusion, blow molding, injection molding and roll molding.

HDPEの管は従来の鋼管、ポリ塩化ビニールの飲料水の管の取り替えプロダクトです。

HDPE pipe must withstand a certain pressure, usually to choose a large molecular weight, good mechanical properties of PE resin, such as HDPE resin. The tensile strength of LDPE resin is low, the pressure is poor, the rigidity is poor, the dimensional stability is poor when forming, and the connection is difficult, which is unsuitable as the material of water supply pressure pipe. However, because of its high health index, LDPE especially LLDPE resin has become a common material for the production of drinking water pipes. LDPE, LLDPE resin melt viscosity is small, good fluidity, easy to process, so the selection of its Melt Index range is also wider, usually mi in 0.3-3g/10min.

Chemical properties

さまざまな有機溶剤に対するポリエチレンの耐性、HDPEさまざまな酸 - 塩基腐食に対する耐性、しかし硝酸などの酸化防止剤の酸に対する耐性。ポリエチレンは酸化環境で酸化されます。

Physical

Polyethylene can be considered transparent in a thin film state, but in the presence of massive crystals there is a strong light scattering and opacity. The degree of polyethylene crystallization is affected by the number of branches, the more the branch chain, the more difficult the crystallization. The melting temperature of polyethylene is also affected by the number of branches,HDPE Pipe which is distributed from 90 degrees Celsius to 130 degrees Celsius, the more the branch chain melts the lower the temperature. Polyethylene single crystals can usually be prepared by dissolving high density polyethylene in an environment above 130 degrees Celsius.