Articles

HDPEコルゲートパイプ

2018-11-15

基本情報

  • 形番:PE80 PE100

  • Compound Material:Plastic Composite Pipe

  • Material:PE Pr

  • 取り付けと接続:クランピングタイプの取り付け

  • Technology of Plastic Composite Pipe:Internal and External Coating

  • Base Pipe of Plastic Composite Pipe:Seamless Pipe

  • プラスチック複合管の内部被覆材料:内部エポキシ外部ポリエチレン鋼管

  • プラスチックコンポジットパイプコーティングの形態:内側と外側のコーティング

  • Plastic Composite Pipe Model:HDPE

  • スチールスケルトンPEパイプ用途:化学薬品

  • アルミプラスチック複合管用途:給湯管

  • Steel Plastic Composite Pipe Model:HY1-GEP-DN100

  • アルミプラスチック複合管材質:高密度ポリエチレンアルミ複合管

Product Description


給水用Ginde hdpeパイプの特性
The polyethylene water supply pipe is a new product formed from extruding, taking the high quality polyethylene resin as main material, adding necessary assistant such as antioxidant, ultraviolet absorber and so on. The polyethylene water supply pipe has application history of forty years in abroad. It is perfect choice in many pipelines by the approving of practice. It can be used widely in many kinds of pipeline projects with the working pressure of 0.32MPa~1.6MPa and the working temperature of -20oC~40oC, such as municipal water supply, drainage, petrochemical industry, mine, irrigation of agricultural land, drain contamination, mortar transportation, landfill of refuse and so on.
" Ginde" Gindeグループによる内部材料で作られたブランドの高密度ポリエチレンパイプラインには、優れた耐薬品性、優れた電気絶縁性、耐腐食性、無錆、建設に便利、迅速なメンテナンスなどの多くの利点があります。給水管は、GB / T13663−2000「給水用ポリエチレン(PE)管」に従って製造され、受け入れられている。全国のプラスチック製品監督検査テストセンターの現場検査を通して、「Gind」はブランドのポリエチレン給水管が国内規格の要求に達した、または超えた
2. Gindeアルミニウムプラスチック複合管の主な技術的指標
破断時伸び係数â35​​0円
経時的回復率(110℃)%×3
酸化誘導時間(220℃)分×20
 
耐候性80℃静音油圧圧力破損なし、​​漏れなし強度165 h
(after receiving 3.5GJ/m2  Breakage coefficient of                ≥350
 in count by the tubing)      extension%  Oxidation inductiion time ≥10 (200oC)