HDPEパイプ

何のHDPEパイプ?

高密度ポリエチレンまたはポリエチレンパイプとも呼ばれるHDPEパイプは、HDPE顆粒材料でできています。最初はPE63素材、次にPE80素材で作られました。これまで、HDPEパイプのほとんどは、PE100材料と呼ばれる改良された世代によって製造されています。


ここSunplastでは、PE100材料とPE80材料のみで作られたHDPEパイプを提供しています。


PE63、PE80、PE100の意味は何ですか? PE63、PE80、PE100で作​​られたHDPEパイプの違いは何ですか?

PE63、PE80、およびPE100の名称は、ISO 12162に準拠した最小必要強度(MRS)として知られる、それぞれの材料の長期強度に基づいています。


指定は次のとおりです。

材料指定 

最小必要強度(MRS)MPa 

PE63 

6.3 

PE80 

8.0 

PE100 

10 


PE63、PE80、PE100で作​​られたHDPEパイプの主な違いは、密度です。粘性応力と準静的応力。 PE100材料で作られたHDPEパイプは、PE80およびPE63よりもひずみ硬化係数が高く、粘性応力と準静的応力が優れているため、同じ圧力定格でパイプ壁を薄くすることができます。 


例:同じ直径のHDPEパイプと同じ壁の厚さ(SDR11のDN110×10.00mmなど)の場合、PE100材料の場合、圧力定格はPN16バーですが、PE80の場合はPN12.5バー、PE63の場合はPN10です。

 

HDPEパイプでのSDRとPNの意味は何ですか?

標準寸法比とも呼ばれるSDRは、HDPEパイプの厚さに対する外径の比率を指します。これはSDR = OD / WTです。


PNは、HDPEパイプの公称圧力を指し、20°での水輸送の通常の圧力を指します。

 

PE80とPE100で製造されたHDPEパイプの場合、同じSDR定格では、PNは異なります。

材料/ SDR

SDR9

SDR11

SDR13.6

SDR17

SDR21

SDR26

PE80

PN16バー

PN12.5バー

PN10バー

PN8バー

PN6バー

PN5バー

PE100

PN20バー

PN16バー

PN12.5バー

PN10バー

PN8バー

PN6バー


Sunplastはどの直径のHDPEパイプを提供できますか?そして、Sunplast HDPEパイプの申請者は何ですか?

中国の主要メーカーとして、SUNPLASTは直径dn20-1200mmのHDPEパイプにSDR9-SDR33のさまざまなSDR定格を提供できます。

 

以下のSUNPLASTHDPEパイプの完全な仕様:

HDPEPipe Specifications

SDR評価 

(標準寸法率)

SDR33

SDR26

SDR21

SDR17

SDR13.6

SDR11

SDR9

常圧(PN)

PE80(Mpa)

0.4

0.5

0.6 0.6

0.8

10

12.5

16

常圧(PN)

PE100(Mpa)

0.5

0.6 0.6

0.8

1.0

12.5

16

20

呼び径 

dn(mm)

壁の厚さ 

e(mm)

20

  

  

  

  

  

2.0

2.3

25

  

  

  

  

2.0

2.3

3.0

32

  

  

  

2.0

2.4

3.0

3.6

40

  

  

2.0

2.4

3.0

3.7

4.5

50

  

2.0

2.4

3.0

3.7

4.6

5.6

63

  

2.5

3.0

3.8

4.7

5.8

7.1

75

  

2.9

3.6

4.5

5.6

6.8

8.4

90

  

3.5

4.3

5.4

6.7

8.2

10.1

110

  

4.2

5.3

6.6

8.1

10.0

12.3

125

  

4.8

6.0

7.4

9.2

11.4

14.0

140

  

5.4

6.7

8.3

10.3

12.7

15.7

160

  

6.2

7.7

9.5

11.8

14.6

17.9

180

  

6.9

8.6

10.7

13.3

16.4

20.1

200

  

7.7

9.6

11.9

14.7

18.2

22.4

225

  

8.6

10.8

13.4

16.6

20.5

25.2

250

  

9.6

11.9

14.8

18.4

22.7

27.9

280

  

10.7

13.4

16.6

20.6 0.6

25.4

31.3

315

9.7

12.1

15.0

18.7

23.2

28.6

35.2

355

10.9

13.6

16.9

21.1

26.1

32.2

39.7

400

12.3

15.3

19.1

23.7

29.4

36.3

44.7

450

13.8

17.2

21.5

26.7

33.1

40.9

50.3

500

15.3

19.1

23.9

29.7

36.8

45.4

55.8

560

17.2

21.4

26.7

33.2

41.2

50.8

62.5

630

19.3

24.1

30.0

37.4

46.3

57.2

70.3

710

21.8

27.2

33.9

42.1

52.2

64.5

79.3

800

24.5

30.6 0.6

38.1

47.4

58.8

72.6

89.3

900

27.6

34.4

42.9

53.3

66.2

81.7

  

1000

30.6 0.6

38.2

47.7

59.3

72.5

90.2

  

1200

36.7

45.9

57.2

67.9

88.2

  

D価格表を自分でダウンロードする サンプラストHDPEパイプ


現在、SUNPLAST HDPEパイプは、上下水道システム、ガス配給、スラリー移送ライン、地方灌漑、火災システム供給ライン、電気および通信導管など、さまざまな分野で広く使用されていますが、主に次のとおりです。

HDPE水道管HDPEWater Pipe

水に使用されるHDPEパイプが最も人気があります。 HDPEパイプは、飲用水を供給することができるグリーン素材であり、都市の給排水システム、消防システム、海水淡水化作業などに広く使用されています。

HDPEガスパイプ

HDPEパイプは、地方自治体の作業用の屋外ガス分配にも広く使用されています。

HDPE浚渫パイプHDPEDREDGE PIPE

HDPE浚渫パイプ, which is light weight,abrasion performance & smooth surface, has been a ideal replacement of steel pipe. Assembled with flanges at both ends, HDPE浚渫パイプ is easy for dredge work at the site

HDPE灌漑パイプ

HDPEパイプhas been more & more popular used for irrigation systems for agriculture. The flexibility allowsHDPE灌漑パイプ can be coiled in 100/200m length, by using PP compression fittings, it greatly save the installation costs & times. Moreover, due to superior UV resistance performance, HDPEパイプhas becomed the most eco. & ideal choice for irrigation systems.

 

HDPEパイプにはどのような色がありますか?

飲料水用のSUNPLASTHDPEパイプは、青色の帯または青色の黒色で規則的です。


屋外ガス分配用のHDPEパイプは、黄色または黄色の帯が付いた黒色です。

 

他の用途のHDPEパイプは、バイヤーとサプライヤーの間で決定できますが、黒色をお勧めします。

 

他の従来の配管と比較して、HDPEパイプの優れた利点は何ですか?

HDPEパイプは、多くの比類のない利点を評価しているため、水に使用される亜鉛メッキ鋼管または他のプラスチックパイプ(PVCパイプなど)の代替の主要な選択肢になっています。

•非毒性:PE100またはPE80材料のみで作られたHDPEパイプ、重金属添加物なし、汚染なし、飲用水供給に適しています。

•耐食性:HDPEはインサート材料の一種であり、HDPEパイプを酸、アルカリ、塩の影響を受けないようにしました。耐食性のおかげで、HDPEパイプは塩辛い海水の供給にも使用できます。

•高い流動容量:HDPEパイプの滑らかな内壁と低い耐摩耗性により、低い流動抵抗と高い流動容量が得られます。HDPECoiled Pipe

•優れた柔軟性:小径のDN20-63mm HDPEパイプをコイル状に供給できるため、必要な継手が少なくて済み、設置コストも低くなります。

•優れた耐紫外線性:HDPEパイプの製造中に、2%〜2.5%のカーボンブラックが追加されます。これにより、HDPEパイプ(黒色)を日光に長時間さらすことができます。

•簡単で信頼性の高い設置:軽量であるため、HDPEパイプは持ち運びや取り扱いが簡単です。

HDPEパイプは、特殊な溶接機を使用したホットメルト溶融技術を使用しています。接合はHDPEパイプ自体よりもはるかに強力です。

•長いサービス時間:HDPEパイプは、適切に使用すれば50年以上使用できます。

•トレンチレス設置を使用する:HDPEパイプはトレンチレス技術で設置できるため、設置コストと時間を大幅に節約できます。

•利用可能なさまざまなフィッティング:オプション用のさまざまなHDPEパイプフィッティングがあります:HDPEソケットフュージョンフィッティング、HDPEバットフュージョンフィッティング、HDPEエレクトロフュージョンフィッティングおよびPPコンプレッションフィッティング。

 

HDPEパイプとHDPEパイプ継手の接続方法は?

幸いなことに、HDPEは一種の熱溶融材料であり、HDPEパイプとHDPEパイプ継手は、最も信頼性の高い溶接方法であるホットメルト技術で溶接できます。ホットメルト溶接が終了すると、静水圧試験に合格する限り、配管システム全体が100%漏れがなくなります。

 

Sunplast HDPEパイプとHDPEパイプ継手は、主に3つのホットメルト溶接方法で接続されています。PP Socket Fusion

※HDPEパイプソケットフュージョンテクノロジー

ソケットフュージョンは、直径DN20〜DN110mmのHDPEパイプとHDPEパイプ継手を結合するために使用されます。これは、hdpeパイプの外面とHDPEパイプの内面を加熱して材料の融合を実現し、材料がまだ熱いうちに互いに挿入することによって実行されます。

※HDPEパイプバットフュージョン技術HDPEPipe Butt Fusion

バットフュージョンは、110mmを超えるHDPEパイプの最も重要で広く使用されている接続方法です。これは、圧力下で加熱および冷却することによってパイプの端を接合する方法であり、パイプ自体と同じくらい強力なパイプ接合をもたらします。

HDPEバットフュージョンでは、HDPEパイプと継手の外径が同じであり、最良の溶接結果を保証するために、両方の肉厚の公差が10%を超えないようにする必要があります。

※HDPEパイプ電気融合技術HDPEPipe Electrofusion

エレクトロフュージョンは、バルブ、エルボ、ティーを追加する必要がある場合など、バットフュージョンが実行できない状況でHDPEパイプとHDPEパイプ継手を結合する簡単な方法です。

HDPE電気融合継手には、両端の内面に巻かれた小さな銅線があります。次に、HDPE電気融合機を使用して、これらのワイヤーに電流を流し、HDPE電気融合フィッティングの内側とHDPEパイプの外側でHDPEを溶かします。

 

HDPEパイプの他の通常の接続方法は機械的接続: the both connected パイプ(or fittings) ends be welded with HDPEflange adaptors, using steel bolts/nuts to fix both ends together. The HDPEpipes & fittings be connected by 機械的接続 can be assembled or disassembled easily, which is normally for dredge work or mining works.

 

PP圧縮継手 are also very regular used for small HDPEpipes with diameter dn20-110mm, which is another 機械的接続. The HDPEpipes connected by PP compression fittings are normally for irrigation systems.

 

どんなHDPE管継手&HDPE管溶接機SUNPLAST提供することができる?

SUNPLASTは、HDPE配管システムの統合ソリューションを提供できます。 HDPEパイプの接続をサポートするために、HDPEパイプ継手およびHDPEパイプ溶接機の全範囲を提供することもできます。お客様は、設計と予算に基づいて、常に完璧なソリューションを見つけることができます。

 

SUNPLAST HDPEパイプ継手は、PP圧縮継手、HDPEバットフュージョン継手、HDPEエレクトロフュージョン継手の3種類に分類できます。


PP圧縮継手

PP圧縮継手

PP圧縮継手は、DN110mmまでの小径のHDPEパイプに定期的に使用されます。溶接がなく、取り付けが簡単なため、PP圧縮継手が小径パイプ接続の最初の選択肢になっています。


SUNPLAST can provide PP compression fittings from dn20mm to dn110mm, with working temperature PN16バー. 


D価格表を自分でダウンロードする for SUNPLASTPP圧縮継手


HDPEButt fusion fittings

HDPEButtフュージョン継手

HDPEバットフュージョン継手は、HDPEパイプに最も一般的に使用される継手です。

 

SUNPLAST HDPEバットフュージョンフィッティングは、大径dn50-dn1200mmで製造でき、直径dn50-800mmは射出成形され、dn900-1200mmは製造タイプです。

 

The HDPEbutt fusion fittings are regular in SDR17-PN10バー & SDR11-PN16バー. The fabricated type fittings can be provided at any SDR rating based on pipe.


D価格表を自分でダウンロードする for SUNPLASTHDPEバットフュージョン継手


 HDPEElectrofusion継手

HDPEElectrofusion継手

HDPE電気融合継手は、HDPEパイプの接続の信頼性を高め、お客様にますます採用されています。

 

SUNPLAST HDPEelectrofusion fittings can be offered from dn20mm to dn630mm, with pressure rating SDR11-PN16バー for water.


の価格表をダウンロードSUNPLASTHDPE電気融合継手

 

Sunplastが提供できるHDPEパイプ溶接機:

HDPEパイプソケットフュージョンマシン

The HDPEパイプソケットフュージョンマシン is used for the welding of HDPEパイプ& HDPEパイプsocket fusion fittings with diameter of dn20-110mm.



HDPEButt Fusion Welding Machine

HDPEパイプバットフュージョンマシン

The HDPEパイプバットフュージョンマシン can be provided in various models, which can be divided into: manual type & hydraulic type.


Manual type is regular for small diameter パイプd50-dn160mm, dn50-dn200mm & dn90-250mm, which is a option of light-weight & cheaper prices.


Hydraulic type: hydraulic type welding machine uses hydraulic pressure to control the HDPEpipe’s movements while welding, providing a certain & stable pressure while welding, which can max. ensure the welding results.


The hydraulic type HDPEパイプバットフュージョンマシン can be produced for all diameters up to 50mm, which are: 63-160mm, 63-200mm, 90-250mm, 160-315mm, 160-355mm, 280-450mm, 280-500mm, 450-630mm, 630-800mm, 710-1000mm, 800-1200mm.


の価格表をダウンロードするサンプラストHDPEパイプ BUTT FUSION MACHINE


 HDPEElectrofusion Machine

HDPEパイプ電気融合機.

SUNPLAST HDPEパイプelectrofusion machine is newly designed for the connection of our HDPEelectrofusion fittings.

 

The HDPEパイプelectrofusion welding machines can be offered in four models: SPE315 model is available to weld the diameter dn20-315mm, SPE400 model for the diameter dn20-400mm, SPE500 model for the diameter dn20-500mm while SPE630 model is for dn20-630mm.


の価格表をダウンロードするHDPEPIPE ELECTROFUSION MACHINE

 

How do you connect HDPEpipes to the other pipe, such as PVC pipe, steel pipe?

When HDPEパイプbe connected to the PVC パイプor steel pipe, since they are not made by HDPEmaterial, so hot-melt welding is not available for connection.

 

The only possible method to connect HDPEパイプto PVC パイプis by 機械的接続, using flanges or use transition fittings,like female or male thread adaptor fittings.

 

Which brand of HDPEgranule materials  that SUNPLAST adopts for the HDPEpipes & fittings?

優れた性能の素材は、トッピング配管システムを生産するための資格の1つです。 SUNPLASTは、PE100 +協会によって承認されているBorealis、Sinopec、Sabicなどの世界的に有名な工場からの最高品質のPE100 / PE80材料のみを採用しています(www.pe100plus.comを参照)。

 

材料の配送と一緒に、材料が適格であることを保証する材料サプライヤーからの分析証明書が要求されます。

 

同時に、SUNPLASTラボは、ワークショップに到着した原材料の各バッチをサンプリングテストします。材料が承認されると、ラボは資格証明書を発行します。資格証明書(当研究所でテスト・発行)と分析証明書(サプライヤー発行)のある資料のみ、

be allowed to be used for the production of HDPEパイプ& HDPEパイプ fittings.

 

Which standards do SUNPLAST HDPEpipes & fittings be made into?

SUNPLAST HDPEpipes & fittings are made into ISO4427 standard, at the same time, they can also conform to EN12201 standard & AS/NZS 4129/4130 standard, as well as the other international standards.

 

何 certificates can SUNPLAST provide for HDPEpipes?

SUNPLAST HDPEパイプis approved by ISO4427 certificate & CE certificate.

 

For HDPEパイプfittings, they are approved by CE certificate.

 

技術的なものは何ですか特徴 of SUNPLAST HDPEpipe? 

SUNPLAST HDPEpipe, which conforms to ISO4427 standard, can fully meet to all requirements:

特性 

要件 

試験方法 

Physical 特徴 for HDPEpipe 

Elongation at break of HDPEpipe 

≥350% 

ISO 6259 

Longitudinal reversion of HDPEpipe 

(100±2℃) 

≤3% 

ISO 2505 

Oxidation induction time of HDPEpipe 

(200℃) 

≥20分。 

ISO 11357-6:2002 

  

Melt Flow Rate of HDPEpipe 

(5Kg、190°、10分) 

によるMFRの変更 

処理±20% 

ISO 1133:2005 

Mechanical 特徴 for HDPEpipe 

Hydrostatic strength of HDPEpipe  

20℃で 

PE80パイプ用 

20℃、100h、10Mpa 

漏れなし、休憩なし 

ISO 1167 

PE100パイプ用 

20℃、100時間、12.4Mpa 

漏れなし、休憩なし 

Hydrostatic strength of HDPEpipe  

80°で 

PE80パイプ用 

80℃、165h、4.5Mpa 

漏れなし、休憩なし 

ISO 1167 

PE100パイプ用 

80℃、165h、5.4Mpa 

漏れなし、休憩なし 

  

s the packing methods of SUNPLAST HDPEpipe? 

SUNPLAST HDPEパイプis flexible. For the HDPEパイプwith small diameter dn20-63mm, it can be packed in coils with 50m/100m/200m length.

 

The HDPEパイプwith diameter dn75-1200mm, it will be packed in bars with 5.8m length or 11.8m length (for container shipment). Other lengths are also available as per buyer’s requests.

 

The HDPEパイプshall be horizontally stacked, the stacking height shall be less than 1.5m. To protect the pipe, a covering shall be used when it is stacked outside.

 

How to inquire to SUNPLAST for a quote of HDPEpipe?

SUNPLAST is ready to provide our best quality HDPEpipes to all customers around the world.

 

以下の24時間の連絡先の詳細:

Eメール:[email protected]

           [email protected]

Tel:0086-574-87226883 / 87467583

モバイル/ whatsApp / Wechat:0086-15968493053 / 18858041865

View as  
 
中国{キーワード}メーカーとサプライヤー-Sunplast。サンプラストは、信頼できる品質、リーズナブルな価格、最高のサービスで有名です。